外壁塗装の重要性と必要な時期

外壁塗装の重要性と必要な時期 はコメントを受け付けていません

最終更新日 2024年5月18日

定期的に外壁塗装をする方が良いといわれていますが、その理由はどのようなことなのかと疑問に思う人もいるかも知れません。
確かに費用も掛かる上、周辺の住宅にも気を使うこともあるため面倒に思われることも多いものです。
そのような場合にはなぜしなくてはなないのかで、出来ることなら避けたいと思ってしまっても仕方がないでしょう。
しかし外壁塗装が必要であるのにも関わらず、しないでいると建物が劣化してしまいより大掛かりな工事が必要になってしまうこともあります。

 

照りつける太陽光線によっても劣化していく

例えば屋外にある建物は吹き付ける風や雨によっても劣化していきますが、照りつける太陽光線によっても劣化していきます。
もちろん気温の変化も外壁の塗装を劣化させる要因の1つです。
戸建て住宅やビルなどを建てたばかりの頃であれば、まだ塗装の状態も良いですが、どうしても年月が経つに従って劣化していくことになります。
塗装が劣化した建物は、見た目もあまり美しい状態ではなくなってくるのが一般的です。
そのため住宅や店舗などの外観を綺麗に保つためには定期的に外壁の塗装をし直すことが役立ちます。
それに加えて建物の保護の意味もあるため、できるだけあまり悪化させてしまう前に、対処しておいた方が簡単な手入れだけで済む可能性があるといえます。

 

外壁塗装の持ちは長くて10年程度

そうは言っても出来ることなら先延ばしにしたいと考える人もいるかもしれません。
その場合には次第に劣化していくとはいえ、どのくらいの年月、建物を保護する効果が期待できるのかという点も気になるところではないでしょうか。
一般的には外壁塗装の持ちは長くて10年程度といわれています。
しかしこれは建物のある場所の気候・環境によって大きく変わるのが特徴です。
そのため同じ塗料を使っていても厳しい気候条件のところであれば劣化が早まるということが考えられます。
そのため10年というのも1つの目安ではありますが、単に期間だけで考えているよりは建物の状態を合わせてチェックして塗り替えのタイミングを見るほうが良いかもしれません。
外観から分かる外壁塗装をするべき時期のサインにはいくつかのポイントが考えられます。
もし自宅や仕事場などの建物にそれらのサインが見られたときには早めに対処する方が良いと言えます。

 

まとめ

例えば、壁が剥がれてきているときやひび割れがあるとき、さらにサイディングの目地が割れているのが分かる時も早く対処するべきです。
また外壁にカビやコケが生えたり、チョーキングという白い粉がふく現象が起こったりしているときも劣化しています。

 

外壁塗装 神奈川より引用