企業が取り組むより高い産業廃棄物処理と教育

企業が取り組むより高い産業廃棄物処理と教育 はコメントを受け付けていません

最終更新日 2024年2月8日

井草実業の取り組み

生産能力の高い製造業の現場では排出される廃棄物の量も大量になります。

産業廃棄物処理において処分するまでの廃棄物の管理は大変重要で、製品や原材料と同等で保管管理されます。

化学反応などを引き起こしやすい原材料は混入すると大変危険であり、結露などによる水分の侵入にも気を配ることが必要になります。

効果のなくなったものは廃材として扱われるものは野積みで管理されますが、材料によっては高値で取引されるものも多く、屋外カメラの設置などで防犯に対する対策が施されます。

産業廃棄物の処理は運搬中の積み荷の倒壊を避けるためにも、安易なパレット積みは危険を伴います。

廃棄処分用であっても積み込むパレットは頑丈なものを使用して、リフトやクレーンなどで容易に積み下ろすことが可能な状態にします。

井草実業もそうですが、廃棄処分運搬車両は量に応じて大型または小型の荷台のある貨物が使用されます。

車両の多くは運搬業者の所有物であることも多いですが、業者によっては廃棄物運搬で車両が汚れたりすることを嫌ったり、化学物質の影響を車体が受けるのを懸念されるケースもあるため、自社で運搬車両を保有している企業もあります。

一部の企業に限られますが、廃棄処分管理運搬の部署を設け、すべて自社内で完結できるシステムを構築している場合もあります。

経営が万全な企業においては産廃の管理をすることで外部に委託せずに済む経費を賄えることができ、結果的には全従業員が産廃の処分に対する高い意識を持つことが可能になります。

それぞれ高い認識を持てる教育が期待されている

一般的な企業の多くは従業員に徹底した産廃管理の教育に時間を割くことはあまりなく、管理を一部の従業員が担うことがほとんどです。

結果表沙汰になった不祥事のほとんどが、企業上層部の認識の甘さが露呈する結果になっています。

井草実業などが取り組んでいる産業廃棄物の処理業務は企業の根底をなす重要な業務です。

一般家庭においてもどんなにきれいな家に住んでいても、掃除やごみの処理がうまくできていなければ、早晩ゴミ屋敷と化してしまいます。

不正な廃棄物の処理は、結果的に企業全体の成長を鈍らせることにつながることになります。

これは常々、井草実業も注意喚起しています。

産業廃棄物の管理教育は一部の従業員だけでなく、企業全体が取り組むことでより高い水準で業務を行うことができます。

産業廃棄物を適切に処理できることが企業として取り組む最大の課題で、この課題をクリアすることによって営業成績や売上高ののびにつながる成果となります。

従業員がそれぞれ高い認識を持てる教育が企業側に期待されています。

 

井草実業