普通解雇の特徴と再就職

普通解雇の特徴と再就職 はコメントを受け付けていません

最終更新日 2023年9月10日

会社に在籍して働いていた方が契約を解除される事を解雇と言いますが、一言で解雇と言っても普通解雇の他に懲戒解雇や整理解雇などがあります。
複数の種類がある中の普通解雇は、会社との間で労働契約を結び続ける事が難しくなった時に用いられるものであり広い範囲を示す特性上個人差があるものの、多いのは働いている者の成績が良好ではなかったり、改善を目的として指導などを行っても理想的な形にならなかった場合などです。
他にも健康面が関係してこれまでのように現場で働く事ができなくなっていたり、共に働く他の従業員と協力する事ができず、業務に影響が生じている事例なども挙げられます。

懲戒解雇と整理解雇の事例

こうした事例と共に存在している懲戒解雇は、雇用している従業員が守らなかった決まりの程度が大きい事例などに用いられ、職場の中でも行いはもちろんですが就業時間以外かつ職場以外の場所での行いがきっかけになる事例もあります。
整理解雇は企業経営がこれまでとは異なる様相になって、在籍している従業員の人数を減らさなければならなくなった時に用いられます。
会社の都合によって働いている方々を一方的に解雇する特性上、行う時には整理解雇という選択肢を選定する上での必要性をしっかりと見出したり、回避すべく尽力して行った事を明らかにする必要があります。
また、対象になる人を選定した理由や基準を明瞭化したり、関係各所でじっくりとやり取りをした上での結論である事も示す事が求められます。
このように複数の大事なポイントが決められていて、しっかりと根拠を示しつつ説明ができるようにしなければならないのは、解雇というのは働いている方の生活に直結する事柄であるが故に、法律によりきっちりと決められているためです。
さらに、解雇を通告された場合に心の整理をするのはもちろん、次の事を考えたり具体的な計画の元動く必要性もある様子から、余裕を持って次のステップが踏めるように事業者は対象者に対して普通解雇をする30日前に伝える必要もあります。

就職活動における書類選考などでは解雇の有無はわからない

このような普通解雇という扱いになった時には、多くの方々が再び働くべく再就職先を見つける行動をしますが、就職活動において欠かせない書類選考などでは解雇の有無はわからないものです。
解雇の有無がわからない理由は、履歴書を作成する時には懲戒解雇を除いて離職した理由を明らかにする必要が無い様子が関係していて、入社した年月と退職をした年月のみを記していけば十分です。
今日では、書類選考に際して履歴書の他に職務経歴書を作って提出をするように求められる会社も増えてきていますが、職務経歴書は経歴によって職場を去った理由がわかる事もあるので、相手方との間で仕事場を後にした理由を共有したくない時には書き方を意識しましょう。
そして、普通解雇という扱いで働いていた会社を去る事になった人が意識しておくと良いのが、日々仕事に尽力していて今後に向けても学びを深めていたのも関わらず、会社の都合により現場を離れる事になったという事です。

次のステップに進みやすい解雇の種類

懲戒解雇とは異なるので、再就職先を見つけるために面接を受けている時にはこれまでも変わらず働き続けようと考えていたものの、会社との間でやり取りをした結果去る決断をしたと伝えれば前向きな入社希望者として認識してもらえます。
次のステップに進みやすい解雇の種類ではありますが、解雇されたという事はこれまで貰う事ができていた収入が貰えなくなるという事なので、生活を安定的に営み続けるには得る事ができなくなった分の収入を補う必要があります。
収入を補うべく頼もしいのが行政が行っているあらゆる支援制度であり、対象の方に向けては雇用保険における失業給付がより一層手厚い様子になります。
具体的には、給付制限期間として設けられている3ヶ月間という期間が存在しなくなったり、1週間の待機期間を終えた後速やかに給付が受けられるようになります。

国民健康保険税における減免制度を採用してもらうには

国民年金保険料については、免除に関する申請を行えば審査が行われて免除という扱いになる事例が多いですし、国民健康保険税についても減免制度が採用されます。
国民健康保険税における減免制度を採用してもらうには、解雇という扱いになった方が失業給付を受給しているという条件を満たしている必要があり、条件を満たしていれば雇用保険受給資格に関する証明証を手にして各市町村の窓口にて手続きを行えば、所得を本来の3割と考えて計算してくれます。
こういった手続きを踏む事によりしっかりと減免が行われるので、金額にすると10万円を超える額が減額がされる事例も稀有ではなく、収入が無くなった方にとってはとても頼もしい存在になります。

まとめ

加えて、再就職先を決める時には即戦力になれる技術や知識を持っている事も大切ですが、普通解雇かつ雇用保険における失業保険を受給していて支給の残りの日数が3分の2を超えていなければ、公共の職業訓練校に入りやすくなります。