ママと子供の親子鉄!?最近増えている鉄道マニア

ママと子供の親子鉄!?最近増えている鉄道マニア はコメントを受け付けていません

最終更新日 2024年5月18日

一般的に、鉄道マニアときいたときには、鉄道に詳しい人を指す言葉などのイメージを持つ人は多いのではないでしょうか。
確かに、他の人と比べると色々な知識を持っているのでこのようなイメージは正解といえるわけですが、一口に鉄道マニアといっても、乗り鉄・撮り鉄・ママ鉄や子鉄・模型鉄などいくつかの種類に分類されるのが特徴です。

横山英俊氏から見た鉄道マニアとは

電車の乗ることが好きで、特別な運行が行われるときには事前に誰よりも早く情報を収集して、その場に出向いてその列車に乗る、これは乗り鉄と呼ばれるマニアです。
撮り鉄は写真を撮影することが大好きな人、模型鉄は鉄道模型を趣味にしている人を指す言葉です。
最近は、ママ鉄や子鉄などのマニアも登場しているのですが、何となく意味はわかっても、どのようなマニアであるのかわからない人も多いのではないでしょうか。

(参考)横山英俊の鉄道ブログ

子供と一緒に鉄道を楽しむ人を親子鉄と呼ぶのですが、そのお母さんをママ鉄と呼びお子さんを子鉄と呼びます。
一昔前までの親子鉄は、お父さんと子供がペアになるものが大半を占めていましたが、最近ではお母さんと子供をペアにした親子鉄の数が増えているようです。
鉄道マニアと聞くと男性が大半を占めているけれども、女性のファンも少なくない、そして女性の鉄道ファンのことを鉄子といいますが、鉄子がママになって親子鉄になるケースもありますが、子供が電車好きで一緒に趣味に合わせているうちに、お母さんも夢中になるケースもあるなど様々です。

ママ鉄と子鉄の親子鉄の場合は安くて近くて短いが基本

乗り鉄と呼ばれる人の中には、始発から終電までの時間を利用して、時刻表を片手に電車に乗りまくる人もいるようですが、ママ鉄と子鉄の親子鉄の場合は安くて近くて短いが基本になるのが特徴です。
鉄道の趣味で泊りがけの旅行となったときにはお父さんも一緒に出掛ける必要がある、もう少し気軽に鉄道とふれあいたい場合には近場で済ませるのが妥当です。
そのため、普段は近くにある鉄道博物館に出かけたり、出かけるときも衣類や生活雑貨などのような手ごろな値段で実用的なグッズで行うなどのケースが多いのです。
各鉄道会社も、親子鉄の中でもママと子供のファンを応援する目的でファン向けのイベントを開催するケースが増えている、施設内の見学やシミュレーターを利用した運転手体験、コスプレ衣装などでの記念撮影、マスコットキャラクターとのふれあいなど、お子さんを対象にしたイベントが盛りだくさんです。

駅などで見かける多い撮り鉄(通称カメラ小僧)

駅などで見かけることが多い通称カメラ小僧、これはホームに入って来る電車を写真撮影を行っているいわゆる撮り鉄と呼ばれる集団です。
新しい車両の電車がその日から登場するといったとき、最後の運行を迎えるとき、普段見ることができない電車の編成や特別な電車が運行されるときなど、大勢の撮り鉄ファンがホームに押し寄せます。
このような集団の中にはママ鉄と子鉄のペアを見ることは少ないけれども、鉄子と呼ばれるような女性の撮り鉄を目にすることも稀ではあるけれどもある、このような経験をされた人も多いのではないでしょうか。

ホームの端などでカメラを構えていると、運転手さんから警笛を鳴らされるなど注意されてしまう、このようなシーンを目にしたことがある人も多いかと思われますが、基本的には白線の内側で待機していることがホームで電車を待つときのルールですから危険な行為はご法度ですよね。
ましてや、小さなお子さんと電車を見るときなど親が夢中になりすぎてしまいホームから転落するなどの事故も起こりえるわけですから、ママ鉄はそのような場所に出現することは少ないのではないでしょうか。
子供の安全を考えた場合には鉄道博物館などで楽しむ方が安心だし、イベントなどに参加すればいろいろなプレゼントを貰えるなど記念にもなります。

乗り鉄と呼ばれる鉄道マニアも多くいる

乗り鉄と呼ばれる鉄道マニアも多くいますが、電車は乗ればどれも同じで見るのが楽しいと考える人もいるなど賛否両論といえましょう。
外観は素敵だけれども乗ってしまえば普段乗り慣れている電車と同じ、これは一概に間違えとはいいきれませんが、トロッコ列車などの場合はこのような考え方を変えてしまうような魅力もあるのではないでしょうか。
トロッコは、もともとダムなどの工事現場や鉱山などで利用されていた運搬用の貨車を意味するもので、森林から土砂や鉱石、木材などを運搬するときにも活用されています。
このよう貨車を改良して観光用の電車に利用するケースが多くなっていますが、屋根はあるけれども窓がなく走行中の外気を直接感じられるなどからも人気を集めています。

まとめ

トロッコ列車は、景色を楽しみながら電車での移動ができる乗り物です。
日本の中でも最も人気を集めているのが黒部峡谷のトロッコ電車で、断崖絶壁の中を走行するときなどは迫力満点です。
ママ鉄や子鉄、鉄子に乗り鉄などだけでなくすべての鉄道マニアからの注目を集めていますし、鉄道のことを知らない特別趣味にしていない人などすべての人々からの人気を集めるものといえるのではないでしょうか。