お金持ちの高齢者に大人気?億超えの施設も!

お金持ちの高齢者に大人気?億超えの施設も! はコメントを受け付けていません

最終更新日 2024年2月8日

自分の両親が高齢になってきた場合、可能であれば一緒に住んでお世話をしてあげたいと思う人も多いでしょう。

しかし実際は県外に家を買ってしまっていたり、仕事が忙しくてなかなか自分で面倒を見られないというジレンマを抱えることもあります。

このような場合に頼りになるのが、自分たちに替わって高齢のお年寄りの面倒を見てくれる老人ホームなのです。

老人ホームとひと口に言っても、詳しく見ると国や自治体などが社会福祉の一環として運営している特別養護老人ホームと、民間企業が営利目的で運営している有料老人ホームの2種類に分けることができます。

特別養護の方は、寝たきりや身体障碍者などで要介護度3以上に認定されている人だけが入所対象者となっており、高齢であれば誰でも入所できるというものではありません。

(参考)特別養護老人ホームの利用は要介護3以上に!これまで使えていた “裏ワザ” も使えなくなる

自治体が運営しているケースが多いため非常に利用料も安く、需要が高いため入所希望者は日本全国で約50万人を超えるほどだと言われています。

有料老人ホームはお金さえ払えば誰でも入居可能

一方の有料老人ホームは、介護状態に無い人でも利用料金さえ支払えば問題なく入所して施設のスタッフにお世話してもらうことも可能です。

もちろん自分で身の回りの世話ができる状態であれば、介護やサポートなどを一切受けずに食事の提供だけを受けながら施設を利用していくことも可能です。


画像引用:老人ホーム

当然ながら受けるサービスが多ければ多いほど利用料金も高くなっていき、介護状態にある人や食事の介助などサポートが必要な人になると、利用料金がなりかさんでしまうこともあります。

特養ホームと比べると10万円以上高くなってしまうこともあるのですが、部屋に空きがあればすぐに入所することもできるので、急いで入所先を探している場合などは非常に助かります。

特養の場合は利用料金がかなり安いので経済的な負担は免れるのですが、医師や施設の担当者などによって入所希望者の身体状況や収入などを審査され、優先度の高い人からしか入所することができません。

要介護度3など比較的軽い状態の人になると、自分の順番が来るまで何年も待たなければならないケースが多いので急いでいる場合はあまり適していません。

もし家庭の事情で急いでホームに入れなければならない場合は、特養の空きが出るまでとりあえず有料のホームに入れておくという人も多くいます。

入居金3億超えの超高級老人ホームも?

有料のホームの場合、ほとんどが民間企業によって運営されているため、それぞれの施設ごとに様々な特徴があります。

介護サービスが付いていたり、普通の家と変わらないような住宅型をしていたり、まるでホテルのように豪華で綺麗な建物をしていることもあります。

(参考)サクラビア成城「入居金3億円超え」の高級有料老人ホームとは?

入所対象となる人の条件などは各施設によって異なりますが、だいたい65歳以上に達していれば自分で身の回りのことができる人から要支援状態、要介護状態の人まで幅広い範囲で入所することができます。

中には身体的に全く問題なく、普通の生活が送れる人のみを対象とした健康型と呼ばれる有料ホームもあるので注意しておきましょう。

それぞれ細かい条件を設定してあることも多いので、入所を検討している場合は事前にパンフレットを取り寄せたり、施設に直接連絡して確認しておいたほうが安心です。

もし確認を怠り、入所希望者と施設双方で認識の相違があるまま契約手続きを進めてしまうと、いざ入所となった段階で大きなトラブルになってしまう可能性もあります。

こうなると時間を無駄にしてしまい、他に即時入所できる施設を探したり手続きを再度行わなければならないなど困った事態になってしまうので、事前の確認は非常に大切です。

お金持ちの高齢者に大人気

有料ホームの場合、毎日の生活を気持ちよく送れるように様々なサービスが配慮されています。

基本的に住居スペースは各世帯ごとに独立した個室になっており、部屋のドアに鍵も付いているなどプライバシーもしっかり守られています。

有料ホームはここ数年で需要の高さから急激にその数を増やしてきており、新築同様に新しく綺麗な建物が多いのも魅力です。

内装や設備が充実している所が多く、中にはレストランやコンパクトな映画館など娯楽にも重点を置いたホテルのような施設まで登場しているほどです。

近年では有料ホームを運営する民間企業同士の競争も激化してきており、入居金が不要だったり月額利用料が特養並みに安く設定されている施設や、医師や看護師が常駐して医療ケア体制が万全となっている施設など様々な特色を持つようになってきました。

こういったサービスが充実している施設は入所時に支払う一時金が数千万円に上ったり、月額利用料もかなり高額になることもありますが、それでも恵まれた環境で満足いく老後を過ごしたいという人に高い人気を集めています。

一般的な施設の場合は月額利用料は12万円から40万円ほどとなっていますが、認知症対応型施設などよりサポートが必要な施設はさらに高くなるので注意が必要です。

費用はある程度かかりますが、充実したサービスを提供してくれる有料老人ホームも検討してみてはいかがでしょうか。