ペットショップを選ぶ上で重要なこと

ペットショップを選ぶ上で重要なこと はコメントを受け付けていません

最終更新日 2024年2月8日

ペットを飼おうとペットショップ巡りをされている方も少なくないと思います。

ペットショップで売られているペット達は大体、生後3カ月ほど経ってから店頭に並べられています。

ペットの3カ月というと人間の年齢でいうと小学校1年生前後となります。

ペットショップではショップのスタッフたちから愛情をふんだんに注がれたペットが置かれていますが、飼い主となる方にはそれ以上の愛情としつけをすることが求められるといえます。

必要なしつけはスタッフが行ってはいますがやはり飼い主の愛情としつけが一番大切なことになってくるといえます。

ペットショップに並べられている犬や猫は私たち人間が好みに応じた交配を行っているためさまざまな種類が存在しています。

今では、小型犬や中型犬、家の中で飼う犬、外で飼う犬など様々な飼い主の家庭の状況などに合わせ好みに応じたペットを見つけることが可能となります。

また、ペットショップにも良い店と悪い店は実際のところ存在しており、良いペットショップを探しペットを購入することをお勧めします。

ショップの環境の違いは大きく、健康診断などを行っていないショップでは先天性の病気があっても分からないままですし、不潔な環境で育てられていた場合、病気になりやすいということもあり得ます。

ですから、飼おうと思っているペットがどういった状況で育てられ、どういったブリーダーからショップに渡ったかなど調べられることは調べていたほうが良いといえます。

ペットの命を預かる大事な仕事をしっかりと行っているショップを探しましょう。

また、基本的に来店対面販売で、実際に店に足を運び、ペットが遊んでいる姿を見たり抱っこしたりして飼い主とペットの相性の良さを確かめ合うことも重要です。

ペットは飼うだけではなく、人生を共に支えあって生きていくパートナーとして重要な役割を担っています。

それは人間も同じですからお互いが一生涯を共に過ごせてよかったと思えるようなペットとの生活を送っていきましょう。

Coo&Riku (クーアンドリク)