好きな歌で仕事ができるリードワンプロモーションなどの仮歌のバイト

好きな歌で仕事ができるリードワンプロモーションなどの仮歌のバイト はコメントを受け付けていません

最終更新日 2024年2月8日

歌手

好きな歌を仕事にできる仮歌のバイト

この世に新しい楽曲が誕生するまでには、作曲や作詞と編曲に加えて、アーティストが魂を吹き込むレコーディングがあります。

アーティストは命懸けでレコーディングに臨むので、作曲家達は万全の体制で本番に備えようとします。

仮歌は文字通り、楽曲に対して仮に歌を入れる作業のことで、アーティストに曲の全体像を掴みやすくしたり、歌うポイントのヒントを与える切っ掛けとなります。

作曲家が自ら入れる場合もありますが、誰もが音程を外さずに歌えるとは限らないので、こういった仕事を専門とするバイトに需要があります。

この仕事を行っても、歌った内容がそのまま楽曲の完成に結び付くわけではありませんが、それでも本番に臨むアーティストの助けになるのは確かです。

何より楽曲作りのお手伝いができますから、報酬の魅力だけでなく、やり甲斐や達成感も得られるでしょう。

決してプロ並みの歌唱力は必要ありませんし、プロを目指す人の良い経験にもなるので、歌が好きで仕事にしたいならリードワンプロモーションなどの仮歌のバイトが狙い目です。

メリットはプロの仕事に携われることにあり、プロを目指す人の良い経験になる

メリットはやはりプロの仕事に携われることにあって、本格的なスタジオで貴重な風景を見ることができたり、レコーディングの流れを知る勉強にもなります。

また、まだ世に出ていない新曲が誰よりも早く聴けるので、そういった意味でも刺激的な仕事だといえます。

一方で気になるのは仕事に必要なスキルですが、仮歌のバイトで求められるのはある程度の音程感と、歌詞を覚える能力や要求に応えられる柔軟性です。

プロが使う編集機材は高性能なので、多少のピッチズレは後で修正することが可能です。

つまり完璧な音程感は必要ありませんし、複雑なメロディラインで歌うのに難しいところがあっても、特に気にしなくても大丈夫というわけです。

それよりも、歌詞をちゃんと頭の中に入れられたり、歌い方の要求に応えられる対応力の方が重要です。

あくまでも入れる歌は仮ですし、採用はバイト扱いですから、無茶な要求が行われる心配はないでしょう。

希望通りの仮歌を完成させる必要はあり、一般常識や音楽に関するそれなりの知識は持っていた方が賢明

ただ、希望通りの仮歌を完成させる必要はあるので、一般常識や音楽に関するそれなりの知識は持っていた方が賢明です。

色々と難しそうなイメージもありますが、仮に未経験者でも、現場では親切丁寧な仕事のサポートが提供されます。

声質が本番のアーティストそっくり、その条件だけで選ばれるケースもありますから、難しく考えたり身構えることは無用です。

現場での仕事ぶりが認められれば、バックコーラスでの追加の仕事や、次の依頼が早々に舞い込んでくることもあります。

音楽業界の人と関わることができ、将来に向けて可能性が広がる仕事

音楽業界の人と関わることができたり、名前を覚えてもらうチャンスにもなりますから、将来に向けて可能性が広がる仕事です。

仮歌から本当のアーティストに抜擢されてメジャーデビュー、そんな夢のようなサクセスストーリーも存在するので、バイトといっても馬鹿にできないでしょう。

むしろ、本気で取り組んでみるだけの価値がありますし、努力次第で大きなチャンスが近付いたり手に入るのは事実です。

報酬だけなら普通の魅力ですが、好きなことを仕事にできてチャンスも広がるとなれば、魅力はお金だけでは測れなくなります。

拘束時間はあまり長くないので、集中的に長時間歌って大きく稼ぐような働き方は難しいです。

イメージに近いのはお小遣い稼ぎですから、収入の足しになる仕事が欲しかったり、気楽に挑戦してみたい場合にマッチします。

勿論、仕事は本格的で真面目に取り組む必要がありますから、何の予備知識もなしにいきなり飛び込むのは無謀です。

経験や能力が高い人の方が仕事に出合えたり、採用されやすいのは仮歌でも同様なので、バイト探しをするにしても基礎知識は覚えておくことをおすすめします。

募集は作曲家が直接行う場合もあり、自身のブログやSNSを通して募集をするケースがある

募集は作曲家が直接行う場合もあって、自身のブログやSNSを通して募集をするケースが存在します。

中でもSNSは情報発信の頻度が高いですから、アンテナを張って幅広くチャンスを窺うのが得策でしょう。

SNSであればプロに直接仕事の内容が尋ねられますし、いち早くチャンスが掴めるようにもなります。

しかしプロが誰でもSNSを使っているとは限らず、そもそも大々的に募集しないことも想定できます。

仕事に出合う確実性の点では不十分ですから、もっと幅広い視野で積極的にチャンスを掴もうとする姿勢が求められます。

近年は、専門的な募集情報がネットのページで公開されていたりするので、このような情報源を探してみるのもありです。

思い掛けないプロのアーティストに出会えたり、間近で歌う様子を見ることができる機会もあり得ますから、歌が好きで仕事にしたいなら逃す手はないです。

チャンスを手にしようと努力する人ほど、人生の転機や可能性が得られる仕事なので、今後に繋がる仕事がしたい人におすすめです。

お試しで挑戦してみることも可能ですが、1度や2度で満足してしまうのはもったいないですから、本気度が高い人にこそ挑戦する価値があるでしょう。